【LoR】Legend of Runeterra所感とキーワード互換リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Legend of Runeterra/レジェンド・オブ・ルーンテラの先行プレイ権を入手したのでぼちぼちプレイしてみた。その雑感およびMtGやHSプレイヤー向けのキーワード互換を整理したのでまとめる。

公式サイト: https://playruneterra.com/ja-jp

簡易なルールメモと全体的な雑感

大まかなルールとしては、ライフ20点を削り合うごくオーソドックスなもの。
ラウンドと呼ばれる時間軸で推移する。各ラウンドごとに攻撃側と防御側が入れ替わる。ラウンド間では互いに1アクションずつ取り、互いにパスしたところで戦闘に突入(某なんとかfactに似ている)。なお、防御ラウンドでもユニットの召喚は可能。
そもそもユニットは出た瞬間から行動できる(攻撃・防御)ので、相手が攻撃枚数を増やしてきたことに合わせてブロッカーを立てる、のようなアクションが可能。

あえて何もせずパスし、相手の動きを見て後出しで行動することも可能

マナの概念があるが、土地的なものはなく、HSシステム(毎ターン1増加。最大10)。ただし、ラウンドごとに余剰マナは最大3まで翌ラウンドに持ち越してスペルにのみ使用することができるところが独特。

OKボタンの外周に表示されているのが現在使えるマナ。さらにその外にあるのが持ち越したスペルマナ。最大13マナ使えることになり、実際コスト12というカードも存在する

一度に並べられるユニットは最大6。この辺りはモバイルを見据えてのこともあるかと思われる。
ユニットは対面している同士で戦闘する。これも某なんとかfactっぽい。

スペルに割り込みという概念があり、MtGで言うところのスタック的に解決される。割り込めるもの・割り込めないものまたタイミングがあり、読み合いを発生させる。

総じて、HS的な手軽さとMtG的な奥深さをよいバランスで融合させているなという印象。
私は元ネタであるLOLを全く知らないが、知らなくても十分楽しめているし、想像以上に面白い、いい出来だなと感じている。

Pros

チャンピオンがレベルアップすると試合中にも演出が入る
  • ローカライズ済み
カードの説明文だけでなく音声も既に日本語対応済み
  • メモリ消費量が少な目

Cons

  • モバイル版を前提としたUI設計(ボタンやアイコンが大きすぎて辟易する)
全体的にいちいちデカい
クソデカ勝利紋章
  • ラウンド中、何ができて何ができないのかやや分かりにくい
  • コレクション・デッキリストの視認性が悪い(デッキリストも1枚1枚が大きく描画され過ぎている)
カード1枚ごとの縦幅も大きい上、カード間の隙間も大きいのでリストが非常に縦長になる
  • コンシードが無い?(探したが見当たらず)
  • カードプールの狭さ(流石にアーリーアクセスなので仕方ない)

キーワード互換整理

スペル/ユニット/状態ごとにキーワードを解説する。
なお、記載順は特に意味はない。

スペルのキーワード

スロウ

非戦闘中かつ他のスペルを詠唱していない場合のみ詠唱可能。
制限が大きい分、強力な効果であるものが多い。
MtG:ソーサリー HS:該当なし

ファスト

いつでも詠唱可能。割り込み可能。
戦闘が始まってからも打てるので、読み合いが発生する。
MtG:インスタント HS:該当なし

バースト

いつでも詠唱可能。割り込み可不可。
所謂バットリ(コンバットトリック)系が主。
MtG:インスタント(打ち消されない系) HS:該当なし

ドビンの拒否権
拒否権があるのだ

ユニットのキーワード

フィアサム

パワー2以下のユニットにはブロックされない。
チャンプブロックを許さないので、線が細いデッキだと苦労することに。
MtG:該当なし HS:該当なし

探索する獣
ワイやで

クイックアタック

アタック時にブロッカーより先にダメージを与える。
ブロック時には適用されないので、「あっ」というのを何回かはやるやつ。
MtG:先制攻撃(ただしアタック時のみ) HS:該当なし

ダブルアタック

アタック時にブロッカーより先にダメージを与え、さらにその後再度アタックする。
現在のカードプールにはほとんど存在しない。故に忘れがちでそして忘れているとうっかり死ぬやつ。
MtG:二段攻撃(ただしアタック時のみ) HS:疾風

バリア

ユニットが次に受けるダメージを無効化する。1ラウンドのみ持続 。
MtG:該当なし HS:聖なる盾

オーバーパワー

ブロッカーに与えたダメージの超過分をフェイスに入れる。
MtG:トランプル HS:該当なし

リジェネレーション

ラウンドの開始時に体力を全回復する。
MtG:該当なし HS:該当なし

岩肌のガーゴイル
こんなやつおったなぁ・・・全く使われてなかったけど

チャレンジャー

アタック時、任意のユニットをブロックさせることができる。
HSの挑発の逆バージョンのようなイメージ。2/1チャレンジャーで3/2を取るといった有利トレードを行うことができ、結構便利な印象。
MtG:該当なし HS:該当なし

ラストブレス

死亡時に発動。
ラストブレス:XXXX のように表記される。
MtG:(死亡したとき) HS:断末魔

プレイ

手札から場に出たときに発動。
プレイ:XXXX のように表記される。
MtG:ETB(戦場に出たとき)に近いが、手札からのみ HS:雄叫び

ブロック不可

わかりにくいが、これを持つユニット「が」ブロックに参加できない。
高スタッツのデメリットとして付いていることが多い。
MtG:該当なし HS:該当なし

イルーシブ

これを持つユニット以外にはブロックされない。
強力な回避能力ゆえ、所持しているユニットのスタッツはやや低め。
MtG:飛行 HS:該当なし

ストライク

戦闘によりダメージを与えたときに発動。
ストライク:XXXX のように表記される。
MtG:該当なし HS:該当なし

「ストラーイク! 画像」の画像検索結果
どう見てもストライク

ネクサスストライク

ネクサス(フェイス・本体)にダメージを与えたときに発動。
ネクサスストライク:XXXX のように表記される。
MtG:該当なし HS:該当なし

サポート

アタック時に右隣のユニットに効果を与える。
サポート:XXXX のように表記される。
このゲームも配置学が重要ということか・・・
MtG:該当なし HS:該当なし

タフ

あらゆる被ダメージを1軽減する。
タフ持ちユニットは1/1トークンに対して無敵ということだ。
MtG:該当なし HS:該当なし

エフェメラル

1回ストライクするかラウンド終了時に死亡する。
サクり台に最適。
MtG:該当なし HS:該当なし

炎の侍祭、チャンドラ
真ん中の能力のイメージに近い
忘れられた神々の僧侶
DJおばさんが興味深そうにこちらを見ている

ライフスティール

与えたダメージ分ライフを回復する。
MtG:絆魂 HS:生命奪取

忠義

これを持つユニットが召喚されたとき、デッキの1番上のカードが同じ地域であった場合に効果を発動する。
忠義:XXXX のように表記される。
MtG:該当なし HS:該当なし

ゴブリンの鎖回し
単色向けって感じですね(鎖回しながら

状態のキーワード

スタン

ユニット1体を戦闘から除外する。ラウンド終了までアタック・ブロックできない。
所謂バウンスとも少し異なる。
MtG:該当なし HS:該当なし

凍結

ラウンドの間、ユニット1体の攻撃力を0にする。
MtG:該当なし HS:凍結(ただし凍結後に攻撃力を上げればアタック可能)

リコール

ユニット1体を手札に戻す。付属していた効果は全て失う。
所謂バウンス。
MtG:該当なし HS:該当なし

時を解す者、テフェリー
キッパッペ!wwww

エンライト

マナが10ある場合に発動する。
エンライト:XXXX のように表記される。
MtG:該当なし HS:該当なし

オメガ・デバステイター
真打ちとうじょ~

一覧化しておいたぞ

#キーワード種別説明MTGHS
1スロウスペル非戦闘中かつ他のスペルを詠唱していない場合のみ詠唱可能ソーサリー
2ファストスペルいつでも詠唱可能。割り込み可能インスタント
3バーストスペルいつでも詠唱可能。割り込み不可
4フィアサムユニットパワー2以下のユニットにはブロックされない
5クイックアタックユニットアタック時にブロッカーより先にダメージを与える先制攻撃 ※ただし攻撃時のみ
6ダブルアタックユニットアタック時にブロッカーより先にダメージを与え、さらにその後再度アタックする二段攻撃疾風
7バリアユニットユニットが次に受けるダメージを無効化する。1ラウンドのみ持続聖なる盾
8オーバーパワーユニットブロッカーに与えたダメージの超過分をフェイスに入れるトランプル
9リジェネレーションユニットラウンドの開始時に体力を全回復する
10チャレンジャーユニットアタック時、任意のユニットをブロックさせることができる
11ラストブレスユニット死亡時に発動
ラストブレス:XXXX のように表記される
(死亡したとき)断末魔
12プレイユニット手札から場に出たときに発動ETB(戦場に出たとき) ※手札からのみ雄叫び
13ブロック不可ユニットわかりにくいが、これを持つユニット「が」ブロックに参加できない
14イルーシブユニットこれを持つユニット以外にはブロックされない飛行
15ストライクユニット戦闘によりダメージを与えたときに発動
ストライク:XXXX のように表記される
16ネクサスストライクユニットネクサス(フェイス・本体)にダメージを与えたときに発動
ネクサスストライク:XXXX のように表記される
17サポートユニットアタック時に右隣のユニットに効果を与える
サポート:XXXX のように表記される
18タフユニットあらゆる被ダメージを1軽減する
19エフェメラルユニット1回ストライクするかラウンド終了時に死亡する
20ライフスティールユニット与えたダメージ分ライフを回復する絆魂生命奪取
21忠義ユニットこれを持つユニットが召喚されたとき、デッキの1番上のカードが同じ地域であった場合に効果を発動する。
忠義:XXXX のように表記される
22スタン状態ユニット1体を戦闘から除外する。ラウンド終了までアタック・ブロックできない
23凍結状態ラウンドの間、ユニット1体の攻撃力を0にする。凍結
24リコール状態ユニット1体を手札に戻す。付属していた効果は全て失ういわゆるバウンス
25エンライト状態マナが10ある場合に発動する
エンライト:XXXX のように表記される
オメガデバステイターとかのあれ

今後の展開予定

今後の展開については以下の様に予定されているようだ。
https://playruneterra.com/ja-jp/news/lor-announce-faq より)

リリースまでのロードマップ

アナウンスプレビュー期間もあと2日ほど残されており、プレイしてみたい方は頑張ってTwitch等で複数窓で視聴してDropを待ってみよう。
※Twitchの設定からRiot Gamesとのリンクをしておかないと意味がないので注意

リンクを有効にしてから視聴するのを忘れないように
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ゾーマ より:

    オーバーパワーは HS:該当なしだが爆発のルーンって書けばいいと思うよ。

コメントを残す

*